京都の女性・個人におすすめパーソナルトレーニングジム

メニュー

京都で筋トレしたい!トレーニングの方法&おすすめジム

「京都で、本格的なトレーニングがしたい!」

「理想の肉体に近づきたい」

「筋トレしたい!」

と悩んではいませんか。

多くの筋トレ初心者や、ダイエット初心者の方は下記のような課題に直面しがちです。

今回はフィジークの現役選手がトレーナーとして在籍する「BODY CAFE」のスタッフが、おすすめの自宅・ジムでのトレーニング方法や食事などを解説します。

京都で筋トレしたい!最初に用意するべきもの

メインイメージ

【前提】トレーニング目的を明確にする

まず前提として、トレーニング目的を明確にしましょう。

ボディメイクが目的なのか、ダイエットが目的なのか。ボディビルやフィジークのコンテストへの出場を目指しているのか。高負荷のトレーニングを通じて短期集中で鍛えたいのか、低負荷のトレーニングを自分のペースで続けていきたいのか。

こうした目的の違いによって、組むべきメニューや食事管理の内容も大きく変わってきます。

ちなみにBODY CAFEでは健康管理やダイエット、ボディメイクを目的にトレーニングをするOLや主婦の方が比較的多いです。

初めはダイエットを目的としていたものの、トレーニングをするうちに「トレーニング自体が趣味になった」「トレーニングをすることで自分に自信を持てるようになったので、今も続けている」という方も多いです。

筋トレの際に準備すべきもの

メインイメージ

最低限必要な品は、以下の通りです。

ジムでのトレーニングの場合、ドリンクやタオルは用意されていることが多いです。BODY CAFE(ボディカフェ)のドリンクコーナーでは、ワンコインで楽しめるプロテインも用意しています。

プロテインは「マッチョになりたい人が飲むもの」というイメージがある方も多いかもしれません。しかしプロテインは筋肉だけでなく、爪にも髪にも、骨にもなります。そして他の栄養素では代替できない、貴重な成分なのです。

プロテインを摂取することで、筋肉量が増え、ヒップアップやボディメイクができることに加え、美肌や美髪効果も期待できるのです。

自宅トレーニングの場合は、ジムでの正確な食事管理や栄養管理と比較すると、ついつい「疲れたから甘い飲み物を飲みたい」などと糖分が過多になったりしがちなので、その点は注意してくださいね!

 

筋トレの際に使う器具

スミスマシンやパワーラックなど、筋トレの際に使う器具について解説します。

ジムのトレーニングで使う器具

大きく分けて、ジムのトレーニングには「マシントレーニング」と「フリーウェイト」があります。

フリーウェイトはダンベルやバーベル、重量を扱うもので、マシントレーニングはカーディオマシンなどを使ったトレーニングです。

BODY CAFEでは初心者の方には、専門家のサポート付きでのフリーウェイトを推奨しています。

ボディビルやフィジークの選手レベルの方には、マシントレーニングが必要です。ただしマシントレーニングで「狙った部位の筋肉を鍛える」ことの難易度は高く、筋肉量も簡単には増えません。

筋肉量が少ないうちは、フリーウェイトでなるべく大きな筋肉を効率よく動かして筋肉量を増やしていくことをおすすめします。

マシントレーニングを始めるのは、筋肉量が増えてきて「さらに体を鍛え上げたい」「ボディビルの大会などに出てみたい」という目標ができてからでも全く遅くはないです。ダイエットやボディメイク目的であれば、フリーウェイトだけでも十分です。

BODY CAFEではスミスマシン、パワーラック、サスペンションを用意しております。もちろん、各トレーニングはフィジークの現役選手をはじめとするスタッフが補助をするため初心者の方でも安全性が高い練習ができますよ。

スミスマシン

スミスマシンとは、フリーウェイトのトレーニングに使う器具の一種で、レールにバーベルが固定されているもの。レールに沿ってバーベルを上下することで、筋肉を鍛えていきます。

フリーウェイト系トレーニングは、初心者の方は「バーベルが落ちて来ないか心配」と思うかもしれません。実はスミスマシンは、器具の中でももっとも安全性が高いものの1つです。

バーベルはレールに沿って固定されていて、動く方向が決まっています。なおかつ「セーフティバー」と呼ばれる動作中にバランスを崩した場合などでも、バーベルを支える安全措置が付いています。

スミスマシンは立った姿勢でも、座った姿勢でも、寝た姿勢でも使えることも人気の理由。鍛えたい部位の筋肉を狙って鍛えられる、おすすめのマシンです。

パワーラック

パワーラックとは、バーベルスクワットやベンチプレスといった筋トレをする際に使用する器具です。鉄骨を組み合わせた巨大な長方形の棚のような器具で、高重量のフリーウェイトトレーニングのほとんどに対応します。

スミスマシンとパワーラックの違いは、バーベルの可動域。パワーラックは完全なフリーウェイトですが、スミスマシンはバーベルが軌道に沿って稼働します。

バーベルのふらつきが抑えられる反面、重量が百パーセント筋肉にかかるわけではないのがスミスマシン。
スミスマシンのようにバーベルが固定されていないためややふらつくものの、トレーニングでよりハードに肉体を追い込めるのがパワーラックです。

トレーナーの指示に従いながら、両者を使い分けることで効果的な筋トレができます。

サスペンション

サスペンショントレーニングとは、壁や天井から吊るしたサスペンションを使って行うトレーニング。スミスマシンやパワーラックを使ったトレーニングと違い、重量を扱うことはなく、重力や自体重を使ったトレーニングです。

フリーウェイト系トレーニングが苦手な方でも、サスペンショントレーニングは爽快感があるエクササイズのようでやっていて楽しい!という方も多いです。全身の筋肉をバランスよく鍛えられる上、負荷がそれほど大きくないので女性の方にもおすすめです。

カーディオマシン

カーディオマシンとは、心拍計で心拍数を計測しながら運動を行うマシンの総称です。代表的なマシンには、バイクやトレッドミル、ステップマシンなどの有酸素運動系のものがあります。

自宅のトレーニングで使う器具

BODY CAFEではジムでのトレーニングだけでなく、Zoom/Skypeなどを活用したご自宅でのトレーニングの指導も行なっています。もちろん「平日は自宅でトレーニングして、休日だけジムで練習したい」といった自宅とジムの併用も可能です。

ここではBODY CAFEがおすすめする自宅トレーニングの器具を紹介します。BODY CAFEではできれば週1~2回はジムでトレーニングして大きな筋肉を効率よく鍛え、自宅では「トレーニングを習慣にする」ことを意識して食事管理と「自分が楽しく続けられるトレーニング」をゆっくりでもいいので継続することをおすすめしています。

紹介する器具を全て買う必要はなく、基本的なアイテムとしてダンベル。そのほか、自分がお好きなアイテムを用意することをおすすめします。ダンベルも、水を入れたペットボトルなどに置き換えてもOKです。

ダンベル

ジムでのパワーラックやスミスマシンのトレーニングを代替するのに必要なのが、ダンベルです。フリーウェイトを家でやるためには、ダンベルを使うこととなります。

重量を自由に変えられる可変式のパワーダンベルを購入するのが一番おすすめですが、より安く済ませたい方は水を入れたペットボトルでも構いません。

筋肉量が少ない最初のうちは水を入れたペットボトルでトレーニングし、慣れてきたらより重量が大きいダンベルを買うのも良いでしょう。

トレーニングチューブ

トレーニングチューブとは、伸縮性のあるゴムバンドで作られたトレーニング用のグッズ。腹筋の際にゴムを併用することでより負荷を高めるといったことができます。
重量を扱うトレーニングに比べると負荷は小さいですが、場所をとらず、かさばらないことからご自宅の環境によってはダンベルよりも適していることもあります。

チンニングスタンド

チンニングスタンドとは、懸垂用のスタンドです。懸垂スタンドを家に置くのは「かさばる」イメージが大きいですが、最近では簡単に組み立て・解体ができるものも増えています。
ぶら下がり健康器としても使えるため、エクササイズの一環としてもおすすめです。

腹筋ローラー

腹筋ローラーは、腹筋の際に手に握って扱うローラーです。通常の腹筋に比べ、腹筋の際の負荷が高くなり効果的な腹筋ができます。

 

京都で筋トレするなら「BODY CAFE」がおすすめ

京都のパーソナルジム「BODY CAFE」のスタッフが、おすすめの筋トレの方法やメニュー、器具やご自宅のトレーニングに使える器具を紹介しました。

BODY CAFEでは無料カウンセリングを店舗・オンラインの両方で受け付けています。ジムでのトレーニングはもちろん、リモートでの自宅の筋トレのご指導も行なっています。
カウンセリングと初回レッスンは無料です。少しでも興味がおありの方は、ぜひお問い合わせください。

まずは無料体験レッスンへ
トレーニング 1回6,000円〜

本当に成果を出したい方にはパーソナルトレーニングがおすすめです。

女性向け加圧トレーニングから、フィジークやボディビルコンテストの出場まで幅広くサポートいたします。

まずは無料体験レッスンにご来店ください

無料体験レッスンへ
お申し込み


*ご自宅でのオンライン体験レッスンやトレーニングも受け付けております。
ご自宅のみでの受講も、ジムと自宅の両方でのトレーニングも可能です

コンタクトフォーム

  

内容 必須
お名前 必須
フリガナ 必須
性別 必須 男性女性無回答
メールアドレス 必須
電話番号
希望日
希望時間
受講場所 必須 自宅店舗
受講目的
その他ご要望

©2020 BODY CAFE
close

HOME
ABOUT
FACILITY
PLAN
BLOG
VOICE
Q&A
CONTACT

ページトップへ

お問い合わせ 電話で予約する